NBU_7_head

明日に輝け、N女!

座談会スタイルでつなぐ、NBUトークマガジン。今回は、NBUの女子学生「N女」が集合! 男子学生に比べて人数は少ないけれど、夢に向かうバイタリティや男子に負けない彼女たちの 「本気」と「本音」続出のガールズトークをお楽しみあれ。

0072016 MARCH

先生も男子学生も意外!?に優しい。

宮東 こうやって女子だけで集まると「あぁ、女子もけっこういるんだな」って気がするけど、NBUの学生は80~90%が男子だから、私たち、貴重な存在(笑)。NBUの女子学生ということで私たちは「N女」って呼ばれてるけど、入学前から男子が多いのは知ってたよね?私はオープンキャンパスに参加したとき「周りは男子ばかりだと思ったほうがいいよ」って聞いて、友だちができるかどうか心配だったのを覚えてます。みんなは、実際に入学してみてどう感じた?

 工学系の学科が多い大学だし女子が少ないのは知っていたんですけど、入学してみたら想像以上に少なくてビックリしました!機械電気工学科でいうと、私たち1年生は女子が4人。3・4年生には1人ずつしかいないし、2年生には全くいなかったんです。

田村 それはさすがに驚くね。建築学科の1年生は7人が女子なんです。他の学科に比べてそれほど少ないというイメージはなかったし、男の先輩も女の先輩もどちらも優しくて、同級生も性別関係なく仲良しなので全然違和感なく過ごしています。

伊東 そうだね。男子、女子っていう垣根は意識していないかも。むしろ男子には「女扱いしてよ!」と思うくらいの距離感の近さ(笑)。人数が少ない分、女子同士の絆は深いと思うなぁ。

イベントごとには、積極的に参加しよう!

田村 ところで人間力育成センターの「N女プログラム」には、みんな参加してます?女子同士、学年を超えた人たちと一緒にいろんな体験ができると聞いて、私は「カボスの収穫体験」に挑戦してきました。オープンキャンパスでカボスゼリーをつくるために、JAで働いている卒業生に相談して、コンテナ10箱分も収穫したんですよ!カボスの栄養素なども調べて、紙芝居で紹介もしました。

 収穫といえば、学園祭「一木祭」の実行委員会に参加したことは自分にとって大きな〝収穫〟だったなぁと思います。ここで伊東さんに出会ったんですよね。先輩のほうから「かわいいなぁ~」って声をかけてくれて嬉しかったです!

伊東 かわいかったから思わず声をかけてしまった(笑)。女子が少ない分目立つから、気軽に声をかけやすいし「仲良くなりたい!」って思う。特に1年生は不安だろうから、上級生として、コミュニケーションを図ろうという気持ちもあります。仲良くなるキッカケがあるから、N女プログラムも学園祭も、イベントには積極的に参加したほうが絶対いいよ。あと、友だちを紹介しあったりもすると輪が広がりますね。

田村 私と間さんはそうやって知り合いました。共通の友だちからお互いの話を聞いていて、ある日偶然、通学のバスで隣どうしに座って仲良くなりました。

 そうですね、嬉しい偶然です!ところで、今日は先輩たちにひとつ訊きたいことがあって。大学を卒業後のビジョンとか夢とかってあります?

宮東 私は、将来は航空関係の仕事に就きたいんです。高校の修学旅行で立ち寄った空港のあまりのカッコよさに「ここで働きたい!」って一目惚れ。しかも、飛行機の機体に直接関わりたいから整備系が希望で、専門学校も視野に入れたけど、やっぱり総合的に学べる大学がいいなぁって。でも全国探してもそうそう航空学科はないんですよね。辿り着いたのがNBU。地元の宮城県からは遠かったけど夢のため。両親も「行っておいで」と温かく送り出してくれました。1・2年はしっかり座学。3年から県央空港での実習が始まると、飛行機のエンジンをかけたりする瞬間「夢に近づいてきたなぁ!」って実感できます。

伊東 女性で整備士かぁ。すごいね、カッコいい!私は映像制作の仕事がしたいなぁと思っています。高校時代、放送部に入っていて映像編集が楽しかったから放送業界を志望中。でも、ちょっと楽しいことを経験すると、なりたいものが変わったりする。この間も出版社でインターンシップをさせてもらったんだけど、雑誌づくりにも興味が湧いてきた。実際に原稿を書かせてもらって、「どうしたら読者に興味を持ってもらえるか」って考えるのは大変な作業だったけど、やりがいを感じたんです。いよいよ就職活動が始まるけど、放送局か雑誌社か、進路に悩む~!

NBU_7_sub

就職、結婚、出産まで!将来設計、どうする?

田村 先輩たち2人とも、夢と目的を持って大学に入学していてすごいです。私は愛媛から来ましたが、実家が建築土木系の仕事をしているので、なんとなく流れで建築の道を選んだ感じ。地元の大学には建築学科がなかったので、海は越えますけど隣の大分にあるNBUを受験しました。そんな感じだから、まだ将来の夢もふわっとしているんです。先生になりたいなという思いもあるから、教員免許を取るための勉強もしたい。進級していくにつれて、本当にやりたいことを見つけられるといいなと思っています。

 私もまだ夢は「これ!」というものを決めきれていないです。高校のときから数学と理科が大好きで、機械電気工学科に入ったものの…最近は公務員になりたいなぁと漠然と考えています。公務員でも機械電気系の仕事があって、県営住宅の電気系統の修理に行ったりするんです。インターンシップにも行ってみようかな。

伊東 田村さんも間さんも、私が1年生の頃よりずっとしっかりしていると思うよ!だけど確かに、インターンシップに行ったり、アルバイトしたり、いろんな経験はしたほうが絶対良い。特に資格の勉強は早い段階からやっておいたほうが絶対に就職に有利だと思うよ。

田村 資格は取りたいなぁと思っています。福祉住環境コーディネーターとインテリアコーディネーター、宅建も!親も持っている資格だし、家業のDNAにかけて。

宮東 みんなは結婚しても仕事を続けたい?私は就職できたとして、狭き門の業界だし、せっかく夢が叶ったならずっと続けたいなと思ってる。結婚は、やりたいことをやってからでいいやって考えています。

伊東 私も、マスコミ業界は婚期が遅れそうなイメージ(笑)。それでも、好きなことだからがんばりたいな。

 私も結婚して子どもが生まれても仕事を続けたいです。家事も好きだから、仕事も家庭のことも両方楽しみたいですね。「夫に養ってもらう」とか、私の主義じゃないです。

宮東 さすが計画的なリケジョ。まだ将来が漠然としてるとか言っておいて、いちばん夢があるじゃん(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MEMBER

工学部 建築学科1年
田村 まりなMarina Tamura
(愛媛県立松山西中等教育学校 出身)

家業が建築・不動産業というDNAを受け継ぎ建築学科へ。福祉住環境コーディネーターやインテリアコーディネーターの資格に加え、教員免許取得にも意欲満々。弓道を通し、集中力と冷静さを身につけた。

工学部 情報メディア学科3年
伊東 花恋Karen Ito
(大分県立大分鶴崎高校 出身)

映像制作に興味があり情報メディア学科へ。将来はマスコミ業界志望。1年次から学園祭実行委員を務め、いつも周りに前向きな仲間が集まる。後輩から絶大な信頼を得ているお姉さま的存在。

工学部 航空宇宙工学科3年
宮東 春佳Haruka Miyato
(東北高校 出身)

航空整備士を志し宮城から、はるばる大分へ。思い込んだら一途な性格だが、謙虚さも忘れないのが長所。航空宇宙工学科から憧れの女性整備士を目指し、資格取得を重ね、夢の実現へ着実に進んでいる。

工学部 機械電気工学科1年
間 結夏Yuuka Hazama
(大分県立舞鶴高校 出身)

地元大分をこよなく愛する生粋の「リケジョ」。機械電気工学科に在籍。将来は仕事もしたいが家事育児もきちんとこなしたいという綿密なプランを夢に描いている。韓国留学生との交流をきっかけに韓国語も学んでいる。